コエンザイムQ10のチカラ

コエンザイムQ10の歴史

コエンザイムQ10の発見

コエンザイムQ10はどこで発見されたのか?

コエンザイムQ10が最初に発見されたのは、1950年代のこと。イギリスのモートン博士が発見し、当初はユビキノン(ラテン語由来)という名称でしたが、1957年にはアメリカ・クレイン博士が牛の心臓細胞内のミトコンドリアから成分を発見し「コエンザイムQ10」と名付けられたのが始まりとされています。
翌1958年にはフォーカス博士により、ユビキノンとコエンザイムQ10の成分が一致という報告がなされ化学構造も決定されたのです。

コエンザイムQ10の名前の由来


コエンザイムQ10という名前は、「酵素」を意味するEnzyme(エンザイム)とそれを協調する意味のCo(コ)を頭につけ、「補酵素」という意味があります。Q10は個数を示すQuantityと後の数字は炭化水素イソプレンの化学構造が示されているのです。要約すると、「10個の炭化水素で構成される補酵素」という意味です。

日本で量産化に成功

カネカ

コエンザイムQ10のサプリメントには、従来の酸化型と体内で生成される成分と同等の還元型の二種類に分類されます。酸化型は体内に入ると一度還元型に変換しなくてはならないため余分なエネルギーが必要となり、吸収率もよくないことから還元型の方がより好まれます。この還元型コエンザイムQ10の量産化に世界で初めて成功したのが、カネカ100%出資の子会社・ユアヘルスケアという会社です。

日清製粉

コエンザイムQ10は脂溶性のため水には溶けない性質から、油分を含んだ食事と一緒に(もしくは食後)に含むと吸収率がアップします。この脂溶性という性質を覆したのが、日清製粉のグループ会社で、水溶化コエンザイムQ10が誕生しました。水溶性のコエンザイムQ10は脂溶性に比べて粒子も小さいことから、水になじみやすく何よりも吸収率が3倍になったという報告もあります。

コエンザイムQ10最新研究

コエンザイムQ10包接体

脂溶性のコエンザイムQ10を、水溶性に変え吸収率をアップさせたのがこの包接体です。シクロデキストリンという輪の形をしたブドウ糖が連なった環状オリゴ糖は、じゃがいもやトウモロコシのでんぷんから作られています。このシクロデキストリンの構造は円錐台形のフタの無い容器のような形をし、内側は油になじみやすく外側は水になじみやすい性質をもっています。このシクロデキストリンに脂溶性のコエンザイムQ10を包接し体内で吸収率をアップさせたのが「コエンザイムQ10包接体」です。

加齢臭抑制効果

加齢と共に肌の内側から出てくるのが、ノネナールという加齢臭の元となる成分です。ノネナールは、加齢によりホルモンの働きが衰えてくるに従い皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したことで発生するニオイを言います。このノネナールを抑制する効果が、コエンザイムQ10を摂取した場合とそうでない場合とで大きな差が出たことが研究報告されています。(日本補完代替医療学会誌第14巻第1号、2017年)酸化型および還元型のどちらにも効果が現れ、今後もますますコエンザイムQ10から目が離せなくなりそうです。

参考URL
コエンザイムQ10の歴史http://www.lplizard.com/history.html