コエンザイムQ10のチカラ

コエンザイムQ10はダイエット補助に使える?

コエンザイムQ10のダイエット効果とは?

コエンザイムQ10にダイエット効果があるのは、1つにエネルギー生産、2つに新陳代謝の働きがあるからだと言えます。では、それぞれの具体的な働きがどのようなものなのか見ていきましょう。

エネルギー生産の促進

私たちは食事をすることで栄養素を体内に取り入れていますが、その栄養素とは糖質・脂質・タンパク質です。しかし体はこの栄養素を直接エネルギーとして使うことができないため、細胞内にあるミトコンドリアがエネルギーに変換しているおかげで私たちは生きることができます。このミトコンドリアの働きを助けるのが、コエンザイムQ10です。
ミトコンドリアが活性化すれば、血中の糖質や脂質はもちろん、蓄積されている脂肪までもが分解されエネルギーとなるため、結果的にはダイエットにつながるというわけです。

新陳代謝アップ

ダイエットに新陳代謝は欠かせませんが、コエンザイムQ10には血流促進効果があります。血流が悪いと体が冷えやすく、リンパの流れも悪くなりむくみも生じます。血液の流れがスムーズになることで、代謝も上がりエネルギー生産も向上します。

ダイエット効果に必要な摂取量とは

一般的にダイエット効果を期待するのであれば、1日に60~100mgが目安とされています。安全性を確認したうえでの上限は300mgですが(平成18年厚生労働省)、コエンザイムQ10は医薬品ではないので過剰摂取はやめましょう。

コエンザイムQ10と食事の関係

食事からの摂取はダイエットに逆効果?

コエンザイムQ10を多く含む食べ物は、イワシ・豚肉・ごま・ピーナッツです。100g当りどれくらいコエンザイムQ10が含まれているのかというと、最も含有量の多いイワシで約6.4mg、豚肉は約3.8g、ごまは約2.3g、ピーナッツは約2.6mgしかありません。しかもコエンザイムQ10は熱に弱いため加熱調理をすることでその含有量も減少してしまい、結果食品で摂ろうとすると食べ過ぎとなり、ダイエットには逆効果となります。ダイエット目的でコエンザイムQ10を摂るのであれば、サプリメントがおすすめです。

摂取するタイミング

ダイエット効果を期待するなら、サプリメントでの摂取が最適だということはわかりましたが、摂取するタイミングはいつがいいのでしょう?
コエンザイムQ10は脂溶性のため、脂肪や油に溶けやすいという特徴があります。そのため摂取するタイミングは、食前もしくは食事中がベストです。さらに吸収率をアップさせるなら、脂肪分を含む食事と一緒に摂取すると効果が上がります。

ダイエット効果をさらに高めるための併用サプリ

αリポ酸

αリポ酸は、食事からとる栄養素をエネルギーへと変えるための重要な成分です。αリポ酸は細胞の中のミトコンドリア内でエネルギー生成をするのに役立ち、不足してしまうと代謝も悪くなります。最近では、コエンザイムQ10とαリポ酸が一つになったサプリメントもあります。

L-カルニチン

L-カルニチンは、栄養素の中でもとりわけ脂質の代謝に役立つ成分です。栄養素はミトコンドリア内でエネルギーへと変換されますが、脂肪酸とL-カルニチンが融合することでミトコンドリア内へ運ばれエネルギーが生成されます。ダイエット効果を意識したサプリメントとしては、コエンザイムQ10・αリポ酸そしてL-カルニチンが配合されたものが多く見られます。

参考URL
コエンザイムQ10に期待できる効果 http://www.milhollandcycles.com/coq10効果効能.html
肥満解消効果 http://コエンザイムq10効果効能.net/z26.html