コエンザイムQ10のチカラ

コエンザイムQ10とATP

ATPについて

ATPとは何か

ATPとはAdenosine Tri-Phosphateの略で、アデノシン三リン酸と呼ばれる物質です。ATPは細胞内のミトコンドリア内にあり、リン酸1分子が離れることでエネルギーを放出し、逆に結びつくことでエネルギーを貯蔵します。つまりATPとエネルギーは、切り離すことのできない関係です。

ATPの構造

私たち人間は、酸素を取り入れエネルギーを生成します。このエネルギー源となるのが、食物に含まれる「ブドウ糖」で、このブドウ糖を取り入れた酸素で解糖(酸化)することでATPが生成されます。
ATP(アデノシン三リン酸)はアデノシン(アデニンとリボースの結合)と3つのリン酸分子が結合したものを言い、このアデノシンとリン酸1分子以外、つまり残りのリン酸2分子は通常の共有結合よりも高い結合エネルギーをもつことから、このリン酸2分子の結合を特に「高エネルギーリン酸結合」と呼びます。
因みにアデノシン一リン酸をAMP(Adenosine mono-phosphate)、アデノシン二リン酸をADP(Adenosine di-phosphate)と言います。

ATPの働き

ATPの働きは末端のリン酸1分子が離れることでエネルギーを生み出し、筋肉を動かすことができます。原理的にはアデノシン一リン酸ではエネルギーの生成はできませんが、高エネルギーリン酸結合により結合したリン酸2分子が離れること(加水分解)で、エネルギーが生成できるのです。

コエンザイムQ10とATPの関係

コエンザイムQ10とATP

コエンザイムQ10とATPの関係は、エネルギー生成時に深い関わりがあります。
コエンザイムQ10の主な働きは、食べ物がエネルギー(ATP)へと変わっていく過程で「潤滑油」のような働きをし、ATPが生成される時に発生する活性酸素(余分な活性酸素は正常な細胞までをも攻撃してしまう)を除去してくれます。このことにより、疲労回復が早まり免疫力が向上するという仕組みです。

エネルギーに変換しやすい食べ物とは

ではエネルギーに変換しやすい食物には、どのようなものがあるのでしょうか?「エネルギーになりやすい」=「消化しやすい」と考えれば、答えも導きやすくなります。
エネルギー源となる栄養素は糖質・タンパク質・脂質の3つですが、口から入った食物は胃腸で消化されたあとエネルギーへと変わります。
糖質は唾液により分解されるので消化が最も早く、消化・吸収までは約2時間程度と言われています。タンパク質は胃腸で消化されますが、ほとんどが脂質と脂質と共に食品に含まれている場合が多いため消化にかかる時間は3時間~10時間とも言われています。更に脂質は丸1日もかかる場合があります。

参考URL
コエンザイムQ10サプリメントの上手な選び方 http://www.sergiosilva.us/select.html