コエンザイムQ10のチカラ

コエンザイムQ10はどれを選ぶべき?

コエンザイムQ10の種類

酸化型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は体内でも生成することが可能な成分ですが、その生産量は年齢と共に減少してしまいます。もともとコエンザイムQ10は水に溶けにくい脂溶性で、従来のサプリメントのほとんどは「酸化型」に属します。酸化型は体内で生成されるもの(還元型)とは異なるため、うまく吸収されるよう還元型へと変換しなければならず、これには多くのエネルギーが必要になります。また変換できなかったコエンザイムQ10は体外へ排出され、その結果、摂取した量よりも吸収される量は少なくなり、更に歳を重ねれば重ねるほどその量は減少してしまいます。

還元型コエンザイムQ10

「還元型」は体内で生成される成分と全く同じなので、吸収率が最も高く効果が高いのが特徴です。酸化型のように変換するためのエネルギーが必要ないので、ダイレクトに身体に働きかけ効率的です。サプリメントの価格そのものは、酸化型よりも高めです。

包摂型コエンザイムQ10

「包摂型」は水に溶けにくいコエンザイムQ10を、オリゴ糖の一種「シクロデキストリン」という成分で包み込むことで溶けやすくし吸収率をアップさせたものです。つまり酸化型の問題点を解消したタイプとなります。サプリメントの価格は、還元型ほどではなく酸化型よりも若干高めです。

タイプの中でどれがおすすめ?(コエンザイムQ10の選び方)

吸収率の良さ

コエンザイムQ10の種類の中でもご紹介したとおり、コエンザイムQ10は脂溶性のためもともと吸収率はよくありません。結果、体内と同じ成分である還元型が最も吸収率が良く、続いて包摂型、酸化型の順になります。

価格面

価格面から言うと、一番お手頃なのは酸化型です。ドラッグストア等で見かけるタイプもこの酸化型が最も多いかもしれません。続いて包摂型、還元型の順で値段も高くなっていきます。包摂型や還元型のものはパッケージにきちんと表記されていますが、従来の酸化型は「酸化型」という表記がされていないので注意が必要です。

安全性

コエンザイムQ10は、「1日の摂取目安量は300mgまで安全である(㈶日本健康・栄養食品協会)」という報告もあり、一般的には副作用の少ない安全な健康食品と認識されています。しかし市販されているコエンザイムQ10は、様々な成分が混ざっている可能性があるため必ずしも安全とは言い切れません。コエンザイムQ10は医薬品ではないこと、個人個人で十分に自己管理をする必要があります。

購入する際の注意点

コエンザイムQ10は医薬品ではないので、ある一定の期間服用しなければ効果は得られません。服用する期間は人それぞれですが、購入する際の注意点としては、まず続けることを前提として選ぶことが大切です。価格の高いものを選ぶことで継続が難しくなったり、品質の低いものを求めることで体に異変が起きてしまえば元も子もありません。インターネットのユーザーランキングや、サンプルがあるなら試してみてから購入することをおすすめします。

お得に購入する方法

コエンザイムQ10をお得に購入するなら、通販サイトがおすすめです。通販サイトでは、お得サイズのものや割引価格のものがあり、口コミや商品評価を見てから購入することができます。

参考URL
コエンザイムQ10の選び方 http://www.fdubg.com/use.html
口コミで選ぶ http://genkai.info/口コミランキング.html
コエンザイムQ10サプリの製造方法 http://www.cancernavigator.org/production-technique.html
コエンザイムQ10の上手な活用方法 http://www.lemonadeformobiles.com/drink.html